住宅塗装の事例を紹介

住宅塗装をすることは、家の外観を美しく保つだけではなく、家を長く快適に保つためにも重要な役割を果たしています。とは言え住宅塗装をしたことがないというご家庭では、どのようなものかイメージしにくいかもしれません。この記事では住宅塗装の事例について紹介しますので、必要性や目的、塗装後の変化などを参考にしてみてください。

住宅塗装で塗り替える場所とは?

住宅塗装で塗り替える主な場所とは、建物の壁面、いわゆる家の周りを囲っている外壁部分と屋根部分、外壁と屋根の接点ともなるヒサシの部分、そしてベランダとなります。それぞれの部位によって使用される素材が異なるため、素材や希望に合わせた塗料を使用することになります。

外壁塗装の事例

約10年前に2Fの塗装のみを行ったお宅で、今回は1Fのタイル部分の劣化が見つかったために診断を行い、相談を承りました。タイル部分は素人判断が難しい部分となりますので当社で専門的な診断を行ったところ、耐水性能の低下が見受けられたため、塗装を提案、2Fの色も変化をつけたいとのご要望があり外壁塗装をすることに決定致しました。築20年を超えるお宅でしたがメンテナンス意識が高く、細かい部分まで塗装を検討され、家の耐久年数を15年は持たせたいという希望により、耐久年数の長さをポイントに使用塗料の提案をさせていただきました。

住宅塗装の必要性

住宅塗装は壁の色を変えたいから、塗装が剥げてきたから行う工事ではありません。誤解されがちですが、見た目的に何も変化がないからと何十年も住宅舗装をしないままでいるご家庭も多いでしょう。ですが実際には、目に見える被害がなくてもおおよそ10年毎には住宅塗装を塗り直すことを検討するべきと言われています。放置しておくと雨漏りや外壁が損壊するなどの被害が発生する恐れがあり、発生した時点ではすでに末期と症状と判断されるためです。当社では、定期的な住宅塗装を推奨しています。

2度目の住宅塗装の事例

前回の塗装は約10年前で、2度目の塗装を検討されていたお客様からのお問い合わせを受けて診断を行い、ご依頼を承りました。築20年のお宅で10年周期でメンテナンス管理をされており、塗装の大切さを理解され、家を大切にして長く住みたいという思いが伝わりました。前回は単色塗装だったため、今回は1Fと2Fで色を変えた塗装をご提案したところ、大変気に入っていただけたようです。

まとめ
住宅塗装は家の耐久年数を長く延ばすためにも必要なメンテナンスです。事例の2つのお宅は家の管理意識が高く、長く快適に暮らしたいという気持ちが伝わりました。その気持ちにお答えするために最適なご提案をして施工させていただいた事例となります。目的や外観、予算によって様々な提案をご用意していますので、お気軽にご相談ください。

住宅塗装の費用相場を紹介

住宅塗装の検討をする際に気になるのはやはり費用面だと思います。どのように費用が決定するのかわかりづらいとおっしゃるお客様もおられます。当社では、納得して施工するためには、内訳について理解しておくことが大切と考えます。この記事では住宅塗装の費用相場とその内訳について説明していますので、ぜひ参考にしてください。

30坪の場合の住宅塗装の費用相場

住宅塗装の費用相場は、塗装面積にもよりますが、実はどの塗料を選ぶかで大きく変動します。安い塗料にすればそれだけ費用を抑えることができ、高い塗料を使えばそれだけ高くなります。まずはわかりやすく、30坪の戸建てを想定した場合の費用相場を見てみましょう。アクリル塗料の場合は約50万円から、ウレタン塗料では60万円から、シリコン・ラジカル塗料であれば約80万円から、そしてフッ素塗料の場合で90万円からとなっています。

塗料別1平方メートル毎の単価相場

塗料別による単価相場を確認しておきましょう。単価が高くなる程質が良く、耐用年数も長くなる傾向にあります。アクリル系塗料の場合、単価は1,000円から1,200円で耐用年数は4年から7年で、ウレタン系塗料の単価は1,800円から2,000円で6年から10年です。シリコン系塗料になると2,500円から3,500円で8年から15年の耐用年数となり、フッ素系塗料で3,500円から4,500円と高額になりますが、耐用年数は15年から20年と長くなります。なお、30坪は約100平方メートルの計算となります。

住宅塗装にかかる費用の内訳

住宅塗装には、材料費以外にもかかる費用がありますので、内訳について理解しておくと、見積もりを見た時に「何これ?」と疑問に思うことが少なくなり安心感に繋がります。当社における見積もりは、まず費用の20%を占めるのは塗料や飛散防止ネット、シーリング材等の材料費です。そして住宅塗装をするためには足場を組む必要があり、その足場費用も20%程度かかってきます。人件費は30%程度、その他交通費や運営費も30%程度となっています。

費用相場の算出方法

住宅塗装の費用を考える時、人件費や足場費用は必ずかかる費用となるため変動はなく、費用を決定づけるのは材料費、つまり塗料の選び方によるところが大きくなります。単純な算出方法としては、住宅塗装面積に単価をかけることで価格相場を計算することができます。

まとめ
住宅塗装の費用相場は材料費、足場費用、人件費、その他費用という内訳になり、塗料によって大きく変動します。予算はもちろん、耐用年数や質感、色等も考慮して考えることが大切です。まずはどのような塗料を扱っているのか、選択肢の多さをチェックすることも忘れないようにしましょう。

外壁塗装の色選びについて紹介

外壁塗装の検討をされる際、どの塗料にすればいいかイメージが難しいというお客様も少なくありません。もちろん素材による選び方も大切ですが、家の外観を大きく変える決め手は色選びとなります。塗料選びの際は家のイメージカラーまで踏み込んで決定することが重要です。ここでは、外壁塗装の色選びについて紹介したいと思います。

外壁塗装の色選びの基本情報

塗料は素材やメーカーによってラインナップが異なる上に、同じ名前の色でも微妙に差があることがあります。そのため、色にこだわりたい場合は希望する色が選んだ塗料にあるかどうかも重要になってきます。また、感覚だけで色を選んでしまうと、塗装された後にイメージと大きく違っていて後悔してしまう可能性もありますので注意が必要です。塗り替えた後のイメージ画を元に、どのような仕上がりになるかきちんと確認することがポイントです。お勧めの方法としては、実際に同じ塗料で外壁塗装をした家を見に行ったり、大きめの塗板のサンプルを見て確認する方法があります。

「好みの色」より「落ち着いた色」

外壁塗装は環境にもよりますが、基本的に10年や15年といったスパンで塗り替えます。費用もそれなりにかかりますので、塗装後にやっぱり気に入らないと簡単に塗り直せるものではありません。とにかく失敗しない色が良いという場合には、赤や青のような個性的な色よりも、ベージュやグレー、ブラウンといった落ち着いた色味をベースに考えることをお勧めします。

外壁塗装の色選びのポイント

環境によっては、汚れが目立ちにくい色を選ぶという配慮も必要になります。例えば交通量の多い道路沿いに建っている、川や沼地の近くにあり、カビが発生しやすいといった場合、外壁にも影響が出やすいためです。もちろん汚れがつきにくい塗料もありますが、色選びによってわかりにくくすることも大事なテクニックです。特にグレーやベージュ系はほとんどの汚れの中間色となりますので、当社としてお勧めのカラーです。

艶あり・艶なしも考えて色選びをしよう

塗料選びの際に忘れてはいけないポイントに、塗料の質感があります。塗料によっては艶あり・艶なしの違いがありますので、艶ありを選べば光沢感が出て、艶なしを選べばスモーキーな落ち着いた雰囲気に仕上がるでしょう。塗料によってその艶感にも段階がありますので、そのあたりも考えて色選びをしてください。

まとめ
外壁塗装の色選びは、実際に塗られた色を見てイメージすることが大切です。失敗しない色選びをしたい場合には、落ち着いた色味で汚れが目立ちにくいベージュ・グレー・ブラウン系をベースに考えると良いでしょう。また、艶の有無も考慮して選択してください。

外壁塗装の補助金について紹介

外壁塗装は10年程度で塗替えが必要になりますが、面積や塗料、劣化具合によってはかなり高額になることもあります。少しでも費用を抑えたいけれど、効果がしっかり出るような塗装にしたい、そうお悩みのお客様に知っていただきたいのが、外壁塗装に利用できる補助金制度です。この記事では、外壁塗装で受けることができる補助金(助成金)について紹介します。

外壁塗装に補助金(助成金)が出る意味とは?

意外に知られていない外壁塗装の補助金(助成金)ですが、そもそもなぜ外壁塗装をすることに対して国や自治体からお金を受け取ることができるのでしょうか。その意味とは、国や自治体がお金を出すことで、地域の経済や環境を良くすることに繋がるためです。例えば制度の利用条件に「地元の業者の利用」となっていれば、地域経済への貢献になりますし、「省エネ・エコリフォームの材料を使用」であれば地域全体の環境にも良い影響を与えることになります。

補助金と助成金は違う

外壁塗装に利用できる制度には、補助金と助成金があります。国や自治体に申請して受け取り、返済不要という意味では同じ様に聞こえる制度ですが、補助金の場合は審査がありますので、パスした方のみ受け取ることができ、助成金の場合は条件を満たしていれば誰でも受け取ることができるという違いがあります。補助金の方が条件が厳しく、受給額が多い傾向にあります。利用する制度によって条件や受給額が異なるため、最新情報を確認し、内容を把握しておくことが大切です。当社では、補助金や助成金について積極的にお勧めしていますので、わからない場合はお問い合わせください。

補助金(助成金)制度の条件

基本的な条件として「対象の地域に住居があること」「対象の地域に住民票があること」「対象の地域に住居を所有していること」などがあげられます。他にも「税金を滞納していないこと」「すでにこの制度を利用していないこと」という条件もあります。制度によって設定が異なりますので必ず事前確認を行うようにしましょう。

外壁塗装前に必ず制度について確認すること

ただ外壁塗装をするだけで補助金(助成金)制度を利用することはできません。例えば高反射率塗料を使用する、室温を下げる効果がある遮熱塗料や断熱塗料を使用するなど、エコリフォームとして認められる場合にこの制度を利用できるケースが多くなっています。他にも申請に工事前後の写真が必要だったり、見取り図の提出など、制度によって申請方法がバラバラですので注意しましょう。

まとめ
補助金(助成金)は上手に活用すれば費用を抑えて塗り替えができるお得な制度です。後から利用できないとならないように、制度をよく理解した上で活用することがポイントです。国や自治体への申請から受給に至るまで時間がかかる可能性もありますので、計画的に準備をしましょう。

屋根塗装の事例を紹介

屋根は常に雨風、紫外線、高温低温の外界と直に接していますので、住居の中で最も劣化しやすい場所となります。家を建てた際に塗装されている塗料にも耐用年数がありますので、定期的に屋根塗装の塗り替えをすることをお勧めします。この記事では、屋根塗装のタイミングやリスク、屋根塗装の事例を紹介します。

屋根塗装をするタイミングとは?

外壁や屋根塗装は基本的に10年程度で塗替えを推奨していますが、屋根塗装については劣化の症状が現れた時に迅速に対応することが大切です。塗装を行うタイミングとしては、雨漏りの発生、屋根が割れる、コケやカビが生えている、屋根が色褪せている、または色のばらつきが見られる、そして金属部分の腐食が確認できる時等です。

屋根塗装の事例

築15年の中古物件をご購入されたお客様からのご依頼で、以前の持ち主によるメンテナンス状況が不明とのことで調査を行いました。結果、屋根にはソリが起こっている状態で、外壁にも劣化が見られたため工事の運びとなりました。屋根の層間剥離が激しく、カバー工法と呼ばれる屋根重ね葺きの方法で行い、工事期間はおおむね1ヶ月で終了しました。

屋根塗装をしないことのリスク

屋根塗装は雨漏りや割れが発生していないから安心という訳ではありません。目に見えてトラブルがなかったとしても、経年劣化はどうしても起こりますので、当社としては定期的なメンテナンスを推奨しています。雨漏りが起こった時には末期症状であり、屋根塗装をしないままでいることのリスクを把握しておきましょう。

まずは屋根塗装に本来あるべき防水効果が低下するために起こる雨漏りです。次いで断熱機能の低下によりエアコンの効きが悪くなるといったケースも考えられます。最悪の場合、屋根が腐って強度が低下してしまいます。ケースによっては総取り替えが必要となり高額な修繕費用が必要となる可能性もあります。トラブルが起きる前に対処しておくことが最も効率的で費用も安く済むことになります。

屋根塗装の事例

新築購入後、20年間一度もメンテナンスをしてこなかったお宅の屋根塗装を請け負った事例です。外壁は汚れが目立つ程度でしたが、診断をした結果屋根の汚れと劣化がひどく、住宅塗装についての管理意識をお持ちではないお客様に、塗装の必要性や特徴、メンテナンス方法等を説明しつつ、ご予算を伺って希望内に収まるよう提案、工事やサービスを実行させていただきました。

まとめ

屋根塗装は外壁塗装同様、何かが起こってからするのではなく、起こる前にすることで家を快適に保ち、トラブルを未然に防ぎ、なおかつ必要経費を最小限にすることが可能です。当社では予算やご希望にそったご提案をさせていただいていますので、いつでもご相談ください。