住宅塗装の費用相場を紹介

住宅塗装の検討をする際に気になるのはやはり費用面だと思います。どのように費用が決定するのかわかりづらいとおっしゃるお客様もおられます。当社では、納得して施工するためには、内訳について理解しておくことが大切と考えます。この記事では住宅塗装の費用相場とその内訳について説明していますので、ぜひ参考にしてください。

30坪の場合の住宅塗装の費用相場

住宅塗装の費用相場は、塗装面積にもよりますが、実はどの塗料を選ぶかで大きく変動します。安い塗料にすればそれだけ費用を抑えることができ、高い塗料を使えばそれだけ高くなります。まずはわかりやすく、30坪の戸建てを想定した場合の費用相場を見てみましょう。アクリル塗料の場合は約50万円から、ウレタン塗料では60万円から、シリコン・ラジカル塗料であれば約80万円から、そしてフッ素塗料の場合で90万円からとなっています。

塗料別1平方メートル毎の単価相場

塗料別による単価相場を確認しておきましょう。単価が高くなる程質が良く、耐用年数も長くなる傾向にあります。アクリル系塗料の場合、単価は1,000円から1,200円で耐用年数は4年から7年で、ウレタン系塗料の単価は1,800円から2,000円で6年から10年です。シリコン系塗料になると2,500円から3,500円で8年から15年の耐用年数となり、フッ素系塗料で3,500円から4,500円と高額になりますが、耐用年数は15年から20年と長くなります。なお、30坪は約100平方メートルの計算となります。

住宅塗装にかかる費用の内訳

住宅塗装には、材料費以外にもかかる費用がありますので、内訳について理解しておくと、見積もりを見た時に「何これ?」と疑問に思うことが少なくなり安心感に繋がります。当社における見積もりは、まず費用の20%を占めるのは塗料や飛散防止ネット、シーリング材等の材料費です。そして住宅塗装をするためには足場を組む必要があり、その足場費用も20%程度かかってきます。人件費は30%程度、その他交通費や運営費も30%程度となっています。

費用相場の算出方法

住宅塗装の費用を考える時、人件費や足場費用は必ずかかる費用となるため変動はなく、費用を決定づけるのは材料費、つまり塗料の選び方によるところが大きくなります。単純な算出方法としては、住宅塗装面積に単価をかけることで価格相場を計算することができます。

まとめ
住宅塗装の費用相場は材料費、足場費用、人件費、その他費用という内訳になり、塗料によって大きく変動します。予算はもちろん、耐用年数や質感、色等も考慮して考えることが大切です。まずはどのような塗料を扱っているのか、選択肢の多さをチェックすることも忘れないようにしましょう。